色々なリスクがある

色々なリスクがある

votebernosky No Comments

実際、男と女の関係にはさまざまなケースがあります。
Hをすることになった相手が必ずしも真面目な恋愛の相手とはいえないことも多いでしょう。
しかし、成人しているなら、誰とどんな流れで出会ってHしようと、それは個人の自由であり自己判断、自己責任です。
ただ、そこに金品のやりとりが発生することが問題なのです。
たとえば、街中を歩いていて、男性にナンパされて、興味があってついていき、ホテルでHにということなら問題ないのですが、わざと相手から声をかけられるのを待っていて、ナンパされた相手に「○万円でどう?」などと言われて交渉に応じたり、こちらから持ちかけた場合は犯罪です。
こうした女性は、昔は「立待ち女」などと呼ばれていました。
今風に言えばやはり「援交女」というところでしょうか?援助交際が犯罪だとはわかっていても、金品の受け渡しさえ公にしなければいいのですから、実際には中々犯罪として警察沙汰にはなりにくく、今後も援助交際は増え続けることでしょう。
ただ、援助交際にまつわるトラブルが多発し、それが問題として表面化しているケースもあります。
たとえば、女性と会って、Hの前にお金を払ったら、先にシャワーを浴びている間に女性に逃げられてしまった。
あるいは、財布などを盗まれてしまった。
また美人局などのケースもありますね。
こうしたトラブルに巻き込まれても、自分も援助交際という犯罪行為をしようとしていたわけですから、警察に届けるわけにもいかず泣き寝入りするしかない、ということも多いようですね。
また別件で逮捕された女性が、「この人と援助交際した」と警察にバラしてしまうケースもあり、そこから発覚して警察沙汰になったというケースもあります。
いずれにせよ、援助交際が犯罪であることを知りながら行った以上は自業自得ですし、そうしたリスクがあることを理解しなければなりません。

ページ

アーカイブ

カテゴリー

サイトマップ

運営情報詳細